本文へスキップ

妊娠・出産にかかるお金と補助  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 不妊治療にかかるお金 > 妊娠・出産にかかるお金と補助


妊娠・出産にかかるお金と補助


妊娠・出産にかかるお金と補助

無事に妊娠・出産した場合に、いくらお金がかかるのかも事前に知っておきたいものです。

出産した場合には、出費だけでなく戻ってくるお金や、子どもを育てていくために支給されるお金もあります。


<妊娠・出産でかかるお金>

健診にかかるお金  5〜10万円
妊娠してから出産するまでの間、定期的に病院に通う必要があります。
人により異なりますが平均すると13〜15回程度の健診があり、1回あたり5000円程度かかります。


入院・分娩にかかるお金  30〜40万円
病院や出産方法、入院時に大部屋か個室化などによっても異なります。
分娩の時間が深夜や休日になると料金が割増になる場合もあります。


マタニティ用品・ベビー用品  5〜30万
妊娠中はマタニティウェアや専用の下着が必要です。また赤ちゃんには、おむつ、ベビー用の肌着・洋服、哺乳瓶、ベビー布団やベビーカー、チャイルドシートなども必要です。
他にもさまざまな育児用品があり、成長に伴って使用するものも変わっていきます。
金額は安いものから高いものまであり、レンタルやおさがりを使って安くおさえることもできますし、新品でブランドのものをそろえることもできます。


生活費の増額  毎月1〜3万円
赤ちゃんが生まれると頻繁にお風呂に入れたり着替えさせたりするので、洗濯物も増え、ガス・水道・高熱費も上がります。
また、紙・布オムツ、おしりふき、粉ミルクなどは消耗品ですから毎月の出費となります。
その他、赤ちゃんが生まれると、お宮参りやお食い初めなど赤ちゃんのための行事や、実家への行き来なども増えるのでガソリン代や交通機関の費用も増えがちです。


<出産でもらえる主なお金>

出産育児一時金
健康保険に加入している母親なら誰でももらえるお金です。
子ども1人につき42万円、双子なら84万円となります。自治体や企業の健康保険によっては「付加給付」としてさらに金額が追加されることもあります。


児童手当
年収により支給額が異なりますが、日本国内に住むすべての児童に0〜中学校修了までの間、支給されます。
年間所得が960万円以上の家庭であれば、1人の児童につき1ヶ月5000円。
960万円未満の家庭だと支給額が増え、0〜3歳未満までは一律1.5万円。3歳〜小学校修了までは第一子・第二子なら1万円、第三子以降なら1.5万円を支給。中学生は一律1万円です。


出産手当金・育児休業給付金
企業などに勤めていた母親に支給される費用です。産休中に勤めていた時の給料の2/3がもらえたり、育児休業中に給料の1/2がもらえたりします。
条件や申請方法は会社に問合せましょう。

PR




関連記事

→ 不妊治療、何にどれくらいかかる?
→ 国から不妊治療の助成金をもらう
→ 医療費控除で税金を安くする