本文へスキップ

不妊治療、何にどれくらいかかる?  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 不妊治療にかかるお金 > 不妊治療、何にどれくらいかかる?


不妊治療、何にどれくらいかかる?


不妊治療、何にどれくらいかかる?

不妊治療には保険の使える診療と、保険のきかない自由診療があります。

保険の使える診療の場合は、本人が負担する医療費は全体の3割のみ。

風邪や怪我などで病院にかかったときと同じです。

それに対し、保険のきかない診療になると、10割すべてを本人が負担することになりますので、どうしても高額になってしまいます。

不妊治療以外だと、美容整形やレーシックなども保険のきかない診療となります。

不妊治療では、タイミング法〜人工受精までを「一般不妊治療」と呼び、体外受精と顕微授精を「高度生殖医療」と呼びます。

この一般不妊治療までは一部を除き保険診療、高度生殖医療はすべて保険がきかず10割本人負担です。

主な治療で本人が負担する費用は、平均すると以下の通りです。
(各診療1回につき)

●タイミング療法  数千円
●人工授精 1〜3万円
●体外受精 30〜50万円
●顕微授精 35〜55万円
●胚凍結保存 5万円
●凍結胚移植 10万円

国内で行う上記の診療とは別に、海外で不妊治療を行う場合には、海外からの卵子提供は400〜500万、代理母出産は1000万以上と言われます。


体外受精や顕微授精は特に高額ですから、医療費は事前にしっかり確認した方が良いでしょう。

体外受精では、診療を終えてみると、最初に病院から説明された金額の2倍近くになっていたという人も少なくありません。

病院から提示される金額には薬の費用が入っていないこともありますが、不妊治療では薬は必須で、かつ高額です。

注射1本で1万円を超えることも少なくありませんし、薬の効き方に個人差があるため想定以上に薬が必要となる人もいます。

また、胚の凍結保存や凍結胚の移植はオプションとなりますから、別途費用がかかります。

初めての体外受精では、薬代にどれくらいかかるのか、どんなオプションがあり、どんな時に必要になるか、など医療の中身や料金体系がよくわからないものです。

そのため支払う段階になって、予想外の出費に困る場合もあります。

提示された金額以上に増えることはないのか?場合により料金が増えるとしたら、どんな時か、いくら増えるのか?などを事前にきちんと確認した方が良いでしょう。

また、医療機関が家の近くでない場合は、通院のための交通費が必要になります。

不妊治療の医院複数回通う必要がありますし、手術などがあれば宿泊代がかかる場合もありますので注意しましょう。

PR




関連記事

→ 国から不妊治療の助成金をもらう
→ 医療費控除で税金を安くする
→ 不妊治療をやめるタイミング