本文へスキップ

妊娠しやすい体づくり(冷え症・低体温症対策編)  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 妊娠しやすい体づくり > 妊娠しやすい体づくり(冷え症・低体温症対策編)


妊娠しやすい体づくり(冷え症・低体温症対策編)


妊娠しやすい体づくり(冷え症・低体温症対策編)

女性の場合、妊娠しやすい体をつくるためには「体をあたためること」がとても重要です。

冷え症や低体温症は不妊をはじめ、さまざまな問題の要因となります。

「冷え症」の大きな特徴は手足の冷えです。手足がいつも冷たい、暖かい部屋や布団の中でも手足が冷たいまま、などの人は冷え症の怖れがあります。

「低体温症」は部分的な冷えではなく体全体が冷えている状態。

いわゆる平熱が低い状態です。

健康な人の体温は36〜37度が普通ですので、35度や34度台の人は低体温症と言えるでしょう。

低体温症は新陳代謝も悪く免疫力も低いので、不妊に限らずさまざまな病気になりやすいのです。

子宮や卵巣のある下半身は、特に冷えの影響を受けやすい部位です。

子宮や卵巣が冷えると、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などを引き起こしやすくなります。

血液には栄養素や酵素、ホルモンなどが含まれていますが、冷えると血液の循環が悪くなりこれらが体にスムーズに行き渡りません。

そのためさまざまな機能低下を招きます。

逆に血液の循環がよくなると、ホルモンを含んだ血液が卵巣にスムーズに流れ、ホルモンの刺激に対応して卵巣も正常に作用できるようになります。

昔から「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあります。

秋茄子はおいしいから嫁なんかに食べさせるな、という嫁いびりの心から出た言葉という説の他に、「茄子は体を冷やすから、寒くなる秋には嫁に食べさせてはならない」という姑の気遣いの意味があると言われます。

昔の人は、今以上に女性が体を冷やすことを気にしていました。

女性の社会進出が進む以前は、結婚して子供を産み育てるのが女の務めという社会環境でしたから、子供を産むことにかけての意識は今以上に高かったのでしょう。

西洋医学以外の面では、昔の女性の方が不妊に関する知識が多かったかもしれません。

冷え症・低体温症の主な原因と対策には下記があります。


運動不足
運動不足だと筋力が低下します。筋力がないと血液を送る力も弱まり、細胞内で熱を発するミトコンドリアの数も減り、冷え症や低体温症の原因となります。ウォーキングやストレッチなど軽い運動でも良いので、身体を動かす習慣をつけ筋肉を鍛えましょう。


入浴
シャワーではなくお風呂に入りましょう。熱いお湯につかってすぐ出るよりも、ぬるめのお湯にゆっくり入る方が体の芯まであたたまります。半身浴などで時間をかけて入浴するのがおすすめです。


冷えやすいファッション
足元は裸足を避け、ストッキングや靴下を履きましょう。おなかが出たり、洋服の隙間から冷たい風が入ったりするような服は避け、下着の上に洋服を重ねて冷たい空気が直接肌に触れないようにしましょう。


体が冷える食習慣
体を冷やすアイスクリームなどは我慢しましょう。氷入りや冷やしたドリンクは避け、なるべく温かいものを飲みましょう。また冬に夏野菜(きゅうり、なす、トマトなど)を食べるのは避けた方が良いでしょう。夏野菜は水分が多く身体を冷やすためです。それぞれの季節に合った旬の野菜を食べましょう。


空調
オフィスや外出先などで自由に温度調節ができない場合は、ストールやブランケット、カイロなどで必ず温度調整をしましょう。デスクの下に置いて足元を温める製品なども上手に活用しましょう。

PR




関連記事

→ 食生活編
→ 睡眠・タバコ・飲酒・カフェイン編
→ 温泉編