本文へスキップ

排卵・月経の仕組み  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 妊娠の仕組み > 排卵・月経の仕組み


排卵・月経の仕組み


排卵・月経の仕組み

女性の体は、常に妊娠の準備をしています。

それが最もわかりやすい現象として目に見えるのが月経です。

月経は一般的な女性の場合25〜38日周期で妊娠の準備を繰り返し続けています。

女性の体には卵巣が左右に1つずつあります。

この2つの卵巣それぞれに、将来卵子に育つ可能性がある原始卵胞が詰まっています。

卵巣は毎月どちらか片一方だけが働き、無数にある原始卵胞の中から数個〜数十個程度が卵胞の状態まで育ちます。

そして、複数の卵胞が育つ中で特に1個だけが大きく成長し、破裂して卵子を排出します。これが排卵です。

破裂しなかった残りの卵胞は、卵子を排出することなくしぼんでいきます。

ただし、ごくまれに2個排卵される場合があり、それぞれが受精した場合は二卵性双生児となります。

卵子を排出する一方、子宮の内部では受精卵が到着したときに備えて、子宮内膜を厚くします。

受精卵がふんわりと、そしてしっかり固定されるためのベッドを作るのです。

このベッドに受精卵がもぐりこんだ状態を、読んで字のごとく「着床」と言います。

受精しなかった場合は、この子宮内膜は不要となり血液とともに体外に排出されます。これが月経です。

この一連の動き(卵胞を育て、排卵を行い、着床に備えて子宮内膜を厚くし、不要なら排出する)は、すべてホルモンの分泌でコントロールされています。

卵胞を育てるのは「卵胞刺激ホルモン」、排卵を行うのは「黄体形成ホルモン」、子宮内膜を厚くするのは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」。

そして黄体ホルモンの分泌が止まると、着床の準備は不要と判断され、子宮内膜を月経として排出します。

卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌をつかさどるのは脳の視床下部と下垂体ですが、脳は精神的なストレスにも身体的なストレスにも弱い部位です。

ですから強いストレスがあると、月経が止まったり、周期がずれたりします。

また過度なダイエットやスポーツでも影響が出ます。

月経は女性のホルモン分泌が正しくされているかのバロメーターにもなります。

「面倒だから早く終わってほしい」と思う時もあるかもしれませんが、きちんと一定の周期で月経があることは、ホルモンが働いている証しだと言えるでしょう。

PR




関連記事

→ 精子の仕組み
→ 受精・妊娠の仕組み
→ 妊娠に影響する男女の病気