本文へスキップ

病院を途中で変える場合  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 不妊治療の詳しい内容 > 病院を途中で変える場合


病院を途中で変える場合


病院を途中で変える場合

治療が長期間に渡り、なかなか結果が出ないときには、病院を変えることを検討する人もいるでしょう。

医師の治療方針と自分達の考え方がかみ合わない場合や、なんとなく頼りない、などということもあるでしょう。

あくまで治療を受けるのは自分達であり、子どもを授かるかどうかも自分達の問題です。

もし、懸念な点があれば、医師に遠慮する必要はありません。

夫婦で判断して転院を考えましょう。

ただ、あまり短期間にコロコロと病院を変えると、検査をやり直すことになったり、それ以前に行っていた治療の詳細が共有されなかったりして、かえって時間がムダになってしまう場合もあるので注意しましょう。

転院の場合は、はじめての病院選びと違い、自分達の中で希望する医療やサービスが明確になっている場合がほとんどでしょう。

転院先でそのサービスを受けられるかどうかなどは、きちんと調べましょう。

各病院がホームページなどで公表している妊娠率を見て、より結果の出そうな病院に変える人もいるかもしれません。

その際には、妊娠率や妊娠数の数値だけを鵜呑みにしないよう注意しましょう。

各医療機関の技術や治療法の問題だけでなく、調査データの取り方が異なることで、数値が変わっている場合もあるためです。

細かく検査をして、ステップアップさせながら時間をかけて治療をしていく病院もあれば、詳しい検査よりスピード優先で体外受精をする病院もあります。

体外受精の妊娠率だけを取り上げると、前者の病院よりも後者の病院の方が、妊娠率が高くなります。

それはタイミング法や人工授精でも妊娠の可能性がある人(=容易に妊娠する人)まで体外受精をしているため、とも言えます。

また、体外受精の場合は、妊娠率を「体外受精の実施者あたり」で出す場合と「胚移植あたり」で出す場合でも大きく数値が異なります。

「胚移植あたり」というのは、受精し正しく分割成長した胚を移植してからの妊娠確率です。

ですから、採卵しても正常に受精しなかったため胚移植自体をしなかった、という場合が母数に含まれていません。

「体外受精の実施者あたりの妊娠率」と「胚移植あたりの妊娠率」の2種類の調査があった場合、胚移植あたりの妊娠率の方が数値が良いのは当然と言えます。

熟慮して転院先を決めたら、以前通っていた病院の紹介状やカルテが必要かどうかを問い合わせましょう。

紹介状がないと診察を受けられない病院もあります。逆に、何もなくても問題のない病院もあります。

必要ないと言われた場合でも、治療の過程や検査結果を伝えられ同じ検査をせずに済む場合もあるので、用意できればその方がベターでしょう。

転院の際は、いままで通っていた病院には、転院する旨を申し出て紹介状やカルテを用意してもらいましょう。

今までお世話になった先生なのに、と心苦しく思ったり言いにくい場合もあるかもしれません。

しかし不妊治療の過程で、より専門的な病院やクリニックに転院するのはよくあることです。

どうしても言いにくい場合や、医師が気分を害して紹介状を書いてもらえないのではなどと不安になるのなら、姑の強い希望だから、転居するから、などと言うのも手かもしれません。

PR




関連記事

→ 不妊治療の病院選び
→ 不妊治療、何にどれくらいかかる?
→ 国から不妊治療の助成金をもらう