本文へスキップ

二人目不妊とは  不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

トップ > 不妊治療の基礎知識 > 二人目不妊とは


二人目不妊とは


二人目不妊とは

二人目不妊は、子どもがすでに一人いるけれど、二人目をなかなか授からない、という状態です。

すでに子どもがいるので、気づかない場合も多いのですが、実際は不妊の一種。

正確には、一人目の不妊同様に「二人目を欲しいと思い避妊をしていないのに、2年以上にわたって妊娠しない状態」を言います。

一人目を不妊治療で授かった夫婦の場合、二人目を作ると決めたらすぐに不妊治療を開始する、というケースがほとんどですが、一人目を自然妊娠で授かった場合には「前回は自然に授かったのだから、今回もそのうちできるはず」と、何年もそのままにしがちです。

しかし、1人目の妊娠と、現在の夫婦の状態が同じであるとは限りません。

確実に言えることは、「年齢」が違います。

晩婚化の現代、一人目を産みいざ二人目となると、すでに30代後半というケースが少なくありません。

その加齢が原因で不妊となっているケースがまず考えられます。

また、他にも前回の出産の帝王切開などが要因で、子宮内部に問題が生じているケースもあります。

もちろん、女性だけでなく男性の要因も考えられます。

一緒に年をとっていますから、男性側の精子にも加齢の影響が考えられます。

また、ストレスや生活の乱れなどで精子が減少したり、運動率が低下している可能性もあります。

そして、もう一つ、二人目不妊の大きな要因として夜の夫婦生活が無いという問題があります。

一人目を作った後、性交渉が無くなったり、男性側がED(勃起不全)になったりして、子どもを作る行為自体ができないというケースです。

この場合、子作りの話をすればするほど、お互いのストレスになり悪循環になってしまうこともあります。

二人目不妊は、一人目の子どもがいる分、時間や金銭的な理由で治療に踏み切れなかったり、周囲の協力が得られなかったりしがちです。

一方、一人目の子どもがいるからこそ、兄弟を作ってあげたいと思ったり、一人目と違う性別の子供が欲しいと思ったりもするでしょう。

時間は放っておくとどんどん過ぎ去ってしまいます。

真剣に二人目が欲しいと思われるならば、一人目不妊同様に早めに病院に行ってみることをおすすめします。

また、EDが理由の場合も、人工授精などの不妊治療は可能です。

ぜひ、夫婦できちんと話し合ってみましょう。

PR




関連記事

→ 不妊治療薬の副作用
→ 妊娠の適齢期
→ 妊娠に影響する男女の病気