本文へスキップ

不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!

不妊治療情報サイトは不妊治療と向き合っているあなたを応援します!


ようこそ、不妊治療情報サイトへ。

不妊治療情報サイトでは、不妊治療に関する役立つ情報を発信しています。
不妊で悩んでいる方はもちろん、すでに不妊治療をされている方、これから赤ちゃんを望んでいる方にとっても役立つコンテンツをたくさん掲載しております。

当サイトで少しでも悩みや疑問が解決でき、不妊治療に前向きに取り組むことが出来るお力になりたいと思っております。


不妊治療をする前に

不妊治療を決断するにはとても勇気が必要です。安易に治療するものでもありませんし、自分ひとりの問題でもありません。不妊治療をする前に考えておくことは大切です。


変遷してきた女性社会の現状

 不妊の原因は、男女それぞれ多岐に渡りますが、近年増加している要因の一つとしては晩婚化があります。30年前は初婚の平均年齢が25歳でしたが、現在は29歳。特に晩婚化の著しい東京では、初婚平均年齢は30歳となっています。
 また、結婚してもしばらくの間は仕事に集中したい、夫婦の時間を大事にしたいと避妊をし、子作りに本腰を入れるのは35歳を過ぎてから、という夫婦もいます。



夫婦間のコミュニケーション

 不妊治療には夫婦の合意と協力体制が不可欠です。夫婦そろって検査し、原因を特定しなければ、効率のよい治療は受けられません。また、さまざまに負担が大きいからこそ、お互いを思いやること、協力し合うことが必要です。
 不妊治療によって、かえってストレスがたまってしまっては、せっかくの治療も結果が出にくくなってしまいます。お互いを思いやり、きちんとコミュニュケーションをとり、協力し合いましょう。



選択肢は一つではない

 検査結果次第では、不妊治療をしても授からない、もしくは不妊治療をあえてしないという選択もあるでしょう。子どもを授かるのはうれしいことですが、子どもと共に過ごす時間というのは意外に短いものです。
 しかし、夫婦が共に過ごす時間や、自分自身の人生はもっとずっと長く、30年、40年、50年と続くのです。子どもがいないからできることや、使えるお金・時間などもあります。ご夫婦で話し合い、納得のいく決断をしましょう。


PR